人間関係論

行動科学、人間関係論について研究した。
人間の行動の動機となる欲求については、
マイナスのもの、地獄的なものとしては、過分なる欲求<煩悩>が考えられるが、
プラスのもの、天上界的なもの、オメガΩが勧めるものとしては
次の3レベルの欲求がある。
  知<宗教レベル>-頭ーーオーラ、尊敬、知性などの欲求ーー分裂気質
  情<政治レベル>-胴ーー愛されたいという欲求ーーーーーー肥満型
  意<経済レベル>-下半身ーお金を得たいという欲求ーーーー筋肉型
以前のページ<眉のわけ>で書いたように、欲求水準を眉で見るのも良い。
    オメガΩリーダー オガタフミタケ
[PR]
by fumitake36 | 2004-09-06 11:22
<< 自由と規律、自由と責任 リーダーの役割」<制御機能> >>