積極的器官

オメガΩでは、見る、聴く、話す、書くの四つの知的活動を
勧めていて、それぞれ、目、耳、口、手の4器官が担当する。
話すと書くは<積極的>活動ということは議論の余地がないが、
実は私たちは、目や耳でも<積極的>に見たり聞いたり
しているのである。
音楽は我々周囲をとりまく<感覚圏>である耳をとうして
CDラジカセのところで聞いているし、
TVや本は、<感覚圏>内のTVや本の場所での
目をとうして、<積極的>に情報を掴み取っているのである。
このような考え方は、左脳的な知的認識<積極的>活動
であるが、ただ右脳的に感情に流されるまま
<消極的><受身>になって、受け取る活動と違うのである。
オメガΩメンバーは、左脳的な<積極的>知的活動を
して、情報を掴み取ってほしいのである。
決して受身になって感じるまま<感情>に流されてはいけない。
それでは動物である。人間なら、左脳で考えるヒトとなってほしい。
   オメガΩリーダー オガタフミタケ
[PR]
by fumitake36 | 2004-07-17 15:57
<< 天使の翼 <知的な>夢判断 >>