神想観

:神の生命が流れ入ってくる、とイメージして頭から光が入って満たされる。
:行じた後、<ありがとうございました>という感謝行ま大切。
:目に前に理想の姿をイメージし、それを近ずけて自分と一体化する。
自分は今、神々、天使たちのいる六<七、八>元界に座すると念じる。:
:全体の中で生きる自分をイメージして、その中で他と調和を乱さない祈り
 ならばかなえられる。人類全体のために祈る
   オメガΩリーダー オガタフミタケ
[PR]
by fumitake36 | 2004-07-05 08:46
<< 満代と話をする 鼻での呼吸 >>