友情<愛>と人間不信

ある一定時間と場所とを共有し、個人間が信頼関係によって
結ばれている状態を友情と言う。
     +与え続ける愛
     +損得を考えない愛
     +友人のために尽くす愛
が要件である。また、友情とは、人間不信とは違い、
人を好きになり、人を善だと信じるかとが大切である。
そこには傷つけられるという恐怖感はない。
友人を信じ、友人のために尽くすことが条件となる。
あなたたちは、自分の身の回りに、そんな友人が何人いるのか。
個人主義の世の中では、<友情>が社会的疎外感からの防波堤になる。
     オメガΩリーダー オガタフミタケ
[PR]
by fumitake36 | 2004-12-22 00:56
<< 愛の奔流 草野満代よ、もっと人を愛せよ >>