死刑執行から75日

筑紫哲也さんが、殺害事件の死刑執行から、
世間は事件のことなど忘れてしまうが、
遺族はいつまでもやり切れない思いが残る、と言っていた。
いい加減に忘れなさい、
いつまでも未練を引きずっていると、
それは仏教で言う<執着>という心の曇りになるよ、
と、オメガΩリーダーの私は言いたいのである。
被害者は死後天上界に行って元気に暮らしているのだから、
<愛別離苦>という愛するものとの別れの苦しみをはやく断ち切り、はやく忘れて、
ふっきれたようなすがすがしい明るい人生へと踏み出しなさい、と言いたい。
    オメガΩリーダー オガタフミタケ
[PR]
by fumitake36 | 2004-12-20 23:49
<< 草野満代よ、もっと人を愛せよ 人目を気にする男と女 >>