神道について

NHKのTVを見ていたら、日本の海や山という自然霊畏敬の念から、
各地で神道の神々が信仰されている。
一方、神道国家思想から、森喜朗前総理を中心とした政府の首脳部が、
文部省に、愛国心の復活を内容とした<心の教育>を答申している。
神道が戦前の天皇中心主義の国家思想の柱となり、
日本が戦争に走っていったということは誰でも知っている。
ここでは、神道についてのオメガΩの見解をまとめておきたい。
 +神道の自然霊よりも、仏教やキリスト教の人格神信仰のほうが優れている。
 +神道は、教えや教義がまったくない。
 +神道は<清くあれ>と唱えるばかりで、より高等な愛や知を説いていない。
信仰心や畏敬の念がないよりはましだが、
現代知識型社会の世界第二の大国となった21世紀日本においては、
幸福の科学やオメガΩのほうが神道よりも優れている。
大体こんなことが言えるのではないだろうか。
    オメガΩリーダー オガタフミタケ
[PR]
by fumitake36 | 2004-11-22 12:08
<< オメガΩの神々 生きる意味ーーー<緒方京子さん... >>