二人の女性

フジテレビで東京ラブストーリーの再放送を見た。
織田祐二が赤名リカと関口ひとみの間を
揺れ動く恋の物語だ。
優柔不断な男をめぐる赤名リカの物語は
切なくて悲しくて涙を誘われた。
私は、好きな女性がいて、どちらか決めかねる場合には、
逆に、自分をより強く愛し求めてくれる女性のほうを選ぶべきだと思う。
そのほうが二人の恋はより強く燃え上がるし、
自分を好きでもない女を追い求めても無駄で、男らしくないと思う。
私は女性には、好きかどうか、付き合うかどうか
決断力を持って男らしくキッパリと言える男性でありたいと思う。
もちろん、恋愛の含みを持たせて、決められたルールの上でじゃれあう
<恋のたわむれ>をやるだけの色気は、いつでも持ち合わせているという、
融通さはあるつもりだ。
   オメガΩリーダー オガタフミタケ
[PR]
by fumitake36 | 2004-10-08 09:57
<< 教え、教わるという関係<オメガ... 愛する人の笑顔 >>